NEWS

ヘルメットを清潔・快適に!レース現場でも活躍するドライヤー。

本格的な夏が近づいてきました。
という事は梅雨も近くまで来てるということ。
今年もやってくる…暑さと湿気のダブルパンチ!
汗をかいたヘルメットを湿ったまま放っておくと、次に使うときに、雑菌が繁殖して臭くなっていたり、うっかりカビが生えていた!なんてことにも…。
そんなヘルメットを被っていたら、ヘルメットを脱ぐたび「あの人臭い!」なんて思われかねないし、何より自分が不快ですよね。

そこで、今回ご紹介するのが「Dr. Dry ヘルメットドライヤー」です!!

何だかカッコイイスピーカーのようにも見えますが、高性能なヘルメット用乾燥機です。
既存のヘルメット用ドライヤーは、乾かすことに特化したシンプルなものも多いのですが、「Dr. Dry」は、【乾燥】と【滅菌】が同時にでき、さらに【タイマー機能】も付いたオールインワンな乾燥機なんです!

ヘルメットを送風口にセットし、シールドを開け、「ON/OFF」ボタンを押すと、30分のタイマーとともに送風が始まります。
30分経ったら自動でOFFになるので、うっかりつけっぱなしにしてしまうこともありません。
ちなみにタイマーは、最長90分まで設定が可能です。

右から2番目の操作ボタン「HOT」で温風と冷風の切り替えができます。
温風にすると、47℃前後の風が効率よくヘルメット内部に送り込まれ、素早く乾燥させられるという仕組み。
さらに、「STER」というボタンを押すと、滅菌モードに!!

送風口の周りに備わった4つの紫LEDから照射される紫外線が、ヘルメット内部を滅菌してくれます。
※紫外線なので、直視は避けてくださいね!

滅菌、すなわち菌を消滅させる。悪臭の原因である雑菌の繁殖を起こさせない!
これで暑い季節もさらりと気持ちよくヘルメットを被ることができて、臭い移りもなく、クールな頭でライディングに集中できます。

軽くて持ち運びしやすく、また電圧がAC100~250V/定格周波数50~60Hzとなっており、海外でも電圧変換器不要で使える便利さもいいですね。

更に、ヘルメットドライヤーに装着できる、グローブ用アタッチメントもあります。
セットして送風口に手をかざすと、送風が弱く感じますがこれが大事なんです!
特にレザー系グローブは急速に乾燥させようとすると、表面が乾ききってしまいカピカピになってしまうんです。
そうならずに乾燥させる為の送風量となっています。

ちなみに、全日本ロードレース選手権ST600クラスに参戦中のTransMapRacing with ACE CAFEの平野ルナ選手や、鈴鹿8耐スペシャリスト大石 正彦選手も使用し、「これは良い!」ということで、母体チームであるTransMapRacingとお付き合いのある弊社で取扱わせていただいてます。
これからのシーズンにおススメのアイテムです!
是非ご利用ください。

※一部に試作機の画像もございます。
本製品で、形状やステッカーの種類が変更となる場合がございますので、ご了承ください。